「吉本・農業で住みます芸人」宮城県地域全体で250万の売上増加

イメージ 1

農業で住みます芸人

「農業で住みます芸人in仙台」指南役芸人・ロバート馬場

「農業で住みます芸人in鳥取県湯梨浜」指南役芸人・笑い飯哲夫

吉本は全国47都道府県に芸人さんが住んでいて「47都道府県住みます芸人」

と呼ばれているのですが、

農業で住みます芸人さんが宮城県仙台と鳥取県湯梨浜にいます。

<農業で住みます芸人とは>

地域(自治体など)と、よしもとがタッグを組んで行う事業で、

若手芸人が1年間、地域へ移住し、

 『農業の魅力とは?』

『この地域の魅力とは?』

をテーマに、『農業活動』『地域活動』『ブランド化活動』『宣伝活動』を行い、“農業”や“食”が大好きな有名芸人が月に1度のペースで指南役として活動に参加し、事業を盛り上げます。

★平成28年度、宮城県にて「農業で住みます芸人in仙台」を実施

地域全体で250万の売上増加

※宮城県産のお米”ひとめぼれ”を主に全農へ販売

~仙台~
仙台坪沼ならではの大自然や食材をより多くの方に知ってもらい、

新しい風を坪沼に吹き込み、交流人口増と地域ブランドの向上を目指します。

【仙台坪沼米うどんフォー(2食入り、生麺タイプ米粉めん、スープ付き)発売中】

イメージ 2

 

イメージ 3

<仙台坪沼米>ツルツル生麺「うどんフォー」 
住民と「農業で住みます芸人」が開発。料理が得意な、吉本のお笑いトリオ「ロバート」馬場さんが中心となってアイデアを出し、昨年6月ごろから開発に着手。

小麦粉と米粉の配合割合を変えて何度も試作し、米粉の甘みとツルツルとした舌触りが特徴のオリジナルの麺を完成。

麺とセットで付くスープも、鶏と野菜のだしに魚醤(ぎょしょう)を加え、アジアの香りがする優しい味に仕上げ。

馬場「麺は平麺にし、スープがよく絡むように工夫しました」

【よしもと芸人米 仙台坪沼米】400円

イメージ 4

仙台市太白区坪沼地域で大切に育て上げた「坪沼産ひとめぼれ」美味しさに加え、

「お笑い魂」がつまった食卓を明るくするお米です

< 販売店>
ルミネtheよしもとよしもとテレビ通り新宿店

ECからの購入はコチラ
http://www.yoshimoto-goods.com/shopdetail/000000000856

 

~鳥取県湯梨浜町~
湯梨浜町(ゆりはまちょう)
1年間、梨作りを経験した若手芸人が全国の農業高校や関わりのあるところに出かけ、

湯梨浜町の魅力を伝え就農をベースとした移住を呼びかけます。

【ゆりはま トリプルラーメン】

イメージ 5

 

イメージ 6

鳥取県中部地域のソウルフード「牛骨ラーメン」をベースに、牛骨独特の香りを生かしつつ女性でも県外の人でも抵抗なく食べれるラーメン。スープには牛骨にヒラメとシジミのエキスをバランスよくブレンドし、柔らかく煮込んだ牛筋等のこだわりのトッピング、全粒粉の麺が特徴。当面は「梨(なし)」にちなんで740円(税込)での販売。

お笑いライブも実施していますよ

イメージ 7

【笑い飯哲夫と加藤アプリの二十世紀梨育成発表 お笑いライブ】

【平成30年度】
仙台と鳥取県湯梨浜に継続して移住します。

吉本の農業で住みます芸人、これからの活動も乞うご期待!

応援よろしくお願い致します♪

『農業で住みます芸人』公式サイト
https://www.yoshimoto-agri.com/